オンラインで授業や講座をするのに感じた色々

中国武漢に端を発した新型コロナウイルスで、緊急事態宣言が出されることがほぼ確実(もう出てる?これを書いたのが7日昼だったのですが、公開8日現在では出されてますね。)ですが、多くの大学では都市封鎖の前に早々と大学封鎖をして … 続きを読む →

オンライン会議が嫌だ!と言ってる人を慣らすための一歩

ちょっと前のブログでも書きましたが、以前はよくパソコンにカメラをつないでオンライン会議をやっていました。そして、今、新型コロナウイルス対策でなるべく人と会わないように、ということで、再びカメラ越しに会議。   … 続きを読む →

生き残るのは変化に対応できた者だけ

世間は今日4月1日から新年度。学校もそうですね。現時点での感じたことをつらつらと綴ってみました。   この急激な大変化に生き残れるのか、人類? 今世間は中国武漢に端を発したウイルス問題で世界的な混乱に陥っていま … 続きを読む →

「FAXで送ってください」って言われ、FAXがない!

世間は、中国に端を発した新型コロナウイルスで大変なことになっていますが、仕事は中断するわけにもいかず、日々大学の研究室にいるわけですが、、、大学の授業をオンラインで実施というところも出てきました。   しかし、 … 続きを読む →

広報ツールはブログ・SNSから動画へ

今年度、私の研究室では、福井商工会議所と共同で「動画による企業PR事業」を行っていきます。   この事業では、仁愛女子短期大学澤崎研究室のゼミ生(2年生)4名が、企業PR隊として県内企業をPRする動画を作成し、 … 続きを読む →

働き方改革物語02 – グループウェアで社内情報共有!

※この物語はフィクションです。   前回、裁量労働制を取り入れたウマシカ商事ですが、次なる改革は社内情報共有と、ムダの徹底排除ということで、早速、グループウェアを導入しました。   これまで、ウマシカ … 続きを読む →

働き方改革物語01 – 伸びた労働時間と低下した士気

※この物語はフィクションです。   最近、「働き方改革」というキーワードが旬です。   ウマシカ商事もこの流れに乗り、社員にのびのびと働いてもらおうと、出退勤時間の制限なく、労働者自身の自由な裁量によ … 続きを読む →

いつか報われる日が来る – 本当の働き方改革へ

新年度始まりました。   大学の教員もしているので、卒業したゼミ生たちがしっかりと新社会人1年生をしているかどうかも非常に気にかかります。   特に、昨年度のゼミ生たちは大活躍で、一緒に過ごした時間も … 続きを読む →

個人的元号予想:「永平」や「永和」だといいな・・・

元号がいよいよ4月1日に発表されます。   5月からは新元号に代わるわけですが、そのせいか、いろんなテレビ番組やイベントなどが「平成最後の・・・」という冠をつけているのが目立ちますね。   同時に、様 … 続きを読む →

公開ゼミナール in 首都大学東京

  仁愛女子短期大学 澤崎研究室(福井県福井市)と首都大学東京 野田満先生による公開ゼミを開催します。本研究室では、これまでも、福井大学との共同プロジェクト、早稲田大学との学術交流会等を開催しており、地域活性化 … 続きを読む →

福井県を襲った豪雪で感じた思いをいろいろ

現在、福井県嶺北地方(北部)、37年ぶりという大豪雪に見舞われております。   数日前は全国放送で国道8号線に1500台の車がスタックし、大変な被害が出ていることがセンセーショナルに報道されました。でも本当に大 … 続きを読む →

ネパールで学んだ地域活動実践の意義

昨年2017年2月にネパールに行きました。     本当はその時のことをいろいろとブログに書き綴らないと、、、と思っていたのですが、あっという間に時間は過ぎて、もうすぐ1年。   ネパールに … 続きを読む →

池田町は福井県の自治体です – IKEDA, FUKUI

先日、短大のゼミの合宿で、福井県今立郡池田町のファームハウスコムニタにお邪魔しました。   合宿は和気あいあいと楽しく過ごせたのですが(詳細は、短大の公式ブログで)、Facebookに写真を投稿した際、気になる … 続きを読む →

頑張っている人を応援したい!

職業がらか、いろんな人に「相談」を受けることがあります。   その内容は様々ですが、相談されて応援したくなる場合と、そうでもない場合があるのも事実。   その違いは何なのか?   単純な話で … 続きを読む →

セミナーや講演会が評価されたかどうか知る一番確実な方法

仕事柄、セミナーや講演会を頼まれることも少なからずあります。   ここをお読みの方も、講師業をされている方がいらっしゃると思いますが、実際、講演会やセミナーによばれて、その講演がどう評価されたかどうか、気になり … 続きを読む →