相手に伝わるシンプルなプレゼンの法則

写真は9月に実施したセミナー

写真は9月に実施したセミナー

昨日、福井商工会議所にてプレゼンテーションのセミナーをさせていただきました。当初、30名の定員だったのですが、定員を超える40名近くの方々の受講となりました。
大勢の方に受講いただきありがとうございます。

 

前回9月にも同様のプレゼンのセミナーを実施しているのですが、主たる目的はその後に控えている合同プレス発表会のための勉強会。そこに、それ以外の会員企業の方々も参加してのセミナーという形態なのです。

 

私は「プレゼンの講師をします!」と看板を掲げて精力的に活動してませんし、書籍を書いて名前が売れているわけでもないのですが、ありがたいことにあちこちでセミナーに呼んでいただく機会が増えました。特に最近では大人数で短時間(1時間半~2時間まで)というパターンが多くなってきたのですが、大人数のセミナーの場合、どうしても基礎的な話、一般的な話までしか触れることが出来ず、参加者全員の要望に手が届くような講座設計ができないのが難しいところ(講演会的になりがち)

 

理想としては、特定目的のプレゼンのために集まった10人までの少人数が1日~2日ほどかけてじっくりと研修を進める、といったスタイルの講習が非常に効果的であり、参加者のニーズにも丁寧にこたえることができるのですが、このあたりは、依頼者様との兼ね合いもありジレンマでもあります(少人数がいいのはどんなセミナーでも同じですが)

 

ただ、何度も書きますが、こうやってよんでいただけるのは本当にありがたいこと。
講習をしている身で恐縮ですが、私自身が多くの学びを頂いています。
そういう部分を共有したいと思い、昨日のまとめのスライドをPreziというプレゼンツールで作りましたので、もしよければぜひ!(左右の矢印をクリックしてプレゼンを進めます。うまく見れない方はこちらをクリック「Prezi:プレゼン」

 

プレゼンテーションを上手にするための方程式は?

福井商工会議所にて

福井商工会議所にて

結論から言うならば、プレゼンを上手にするために共通した答えは「準備
これにつきます。これ以外に何かあるかと聞かれたら、他に共通するものは見当たりません。

 

一言でプレゼンといっても、人それぞれでプレゼンの場所、内容、相手が変わってきます。その目的に応じた最適化があり、その場面や参加者に応じた内容があるため、画一的に語るのが難しいのがプレゼンだと思っています。ただ共通しているのは、月並みですが、上手なプレゼンの陰には必ずしっかりとした「準備」があるということ。

 

もちろん、人前で話をするというスキルも伴うので、得手不得手があり、上手下手も見えますが、準備の差が圧倒的に出来不出来を左右するのは間違いありません。自分自身でも準備が不十分だと消化不要になることがあるので、この「準備」をどうやってマネジメントするかがプレゼン成功のカギになりそうです。

 

「おもいやりプレゼンテーション」

「準備」に加えて、最近はプレゼンテーションのお話をするときに必ず強調するのが、相手を思いやること。プレゼンは一人ではできません。それを聴いてくれる相手があってのもの。

 

プレゼンというとどうしても「私が、私が、、、」と自己主張に陥ったり、自分の考えを相手に伝えたいがあまり、おしつけになってしまうことも。自分のプレゼンを振り返ると自己満足プレゼンテーションになっていることも多いのではありませんか?

 

ですが、プレゼンは相手あってのこと。

 

自分の意見を押し付けるのではなく、相手の気持ちを引き出すのがプレゼンだと思うのです。

ですから、上手な方のプレゼンには必ず伝えたい相手への思いが見えます。
自分中心のプレゼンではなく、相手(聞き手)中心のプレゼンにシフトしているはず。

 

プレゼンはプレゼント!なんていう言葉も昔から言われますが、プレゼントを選ぶ時も相手の喜ぶ顔を思い浮かべながら商品を選びませんか?プレゼンを自分中心から相手本位に切り替えることもプレゼン成功への秘訣だったりします。

 

スライドには頼らないプレゼンへ

セミナーで「準備」同様にお話をさせていただくのは、プレゼンをするのは自分でありスライドではないということ。なので、聞き手の注意をスライドにではなくプレゼンターに向けさせて欲しいとお伝えしています。

 

例えば、スライドを表示するときには、部屋のライトを暗くする方も多いですが、ライトを消さずに明るい状態でプレゼンターが見えるようにお願いしています。そうしないと、プレゼンしている人の表情や思いがうまく伝わらないと考えるからです。

 

スライドには文字は詰め込まず、必要最低限でシンプルに。

毎回、スライドには頼らないプレゼンを目指しましょう!ということをお話させていただいています。今回のセミナーで反省すべきは、依頼者様から「スライドも活用して」というお話だったので、スライドを使い倒したテクニカルなプレゼン技術を期待されていた方もいたかもしれないということ。ここは事前に主催者側と話を詰めて、お伝えしておくべきだったと反省すること多々ありました。

 

人間、いろんなことをしていくうちに慣れも出てきますし、慢心することも。
ただ、そうなってしまうと、いいものは生まれてきません。慢心あるところに学びも進歩もないと思います。最近自分自身を振り返ると、成長のための学びがおろそかになっている気がします。

 

自分でまとめのスライドを作っていて、いい振り返りとなりました。
昨日のプレゼンに感謝・・・ですね。

関連するおすすめ記事 - Related Posts

  • 継続するために… 日はまた繰り返さない2014年6月19日 継続するために… 日はまた繰り返さない 今週月曜日、福井商工会議所で定期的に開催されている合同プレス発表会の勉強会で講師をつとめさせていただきました。   定期的に開催されているこの事業ですが、企 […]
  • 先入観が生み出す大失敗?2012年11月8日 先入観が生み出す大失敗? 昨日外で打ち合わせをしているときにうちの会社から電話が。   私の相棒からだったのですが、プロジェクターがうまく映らないとう連絡でした。電話でこうい […]
  • まな種やります:Ideas Worth Sharing!2012年11月24日 まな種やります:Ideas Worth Sharing! 来る12月8日、まなびの種プロジェクト09、通称「まな種」を開催します! 最近、NHKの番組でスーパープレゼンテーションが注目を集めていますが、このもとになっているのがTE […]
  • 3人寄れば文殊の知恵、そして広がりへ 2012年12月10日 3人寄れば文殊の知恵、そして広がりへ 「まなびの種」という勉強会をはじめてもう2年目となります。 今年に入ってから、イベントとしてしっかりと広報をし(といってもFacebook上でだけですが)、声掛けをするよう […]
  • 5分でまなびをシェアできる「まな種」継続中2014年9月30日 5分でまなびをシェアできる「まな種」継続中   先月8月30日(土)に、越前市のJR武生駅前にある仁愛大学サテライトにて、第16回目となる「まなびの種」を開催しました。 今回は当日の様子を動画にまとめ […]
  • まなびの種が広がっていく2012年10月18日 まなびの種が広がっていく TEDのライバルになれるか?^^ 2011年の6月末から「まなびの種プロジェクト」というイベントを実施しています。 […]
  • 1か月継続すれば習慣になる?2015年6月6日 1か月継続すれば習慣になる? 5月に入ってからこのブログをまめに更新してきました。 SNSでの投稿は気軽なのですが、きっちりとまとめて書くという行為にならないので、やはり考えをまとめて残すにはブログを継 […]
  • バンクーバーに来て学んだ成功のための重要な3要素2013年8月17日 バンクーバーに来て学んだ成功のための重要な3要素 8月に入ってすぐカナダのバンクーバーに滞在しています。海外には仕事の関係でこうやって出てくることが最近よくあります。   今回の目的はいろいろあるの […]

コメントする