決して見ないでください! – あなたにとって驚きの事実があるかもしれません。

  •   

最近、テレビCMで大活躍の昔話の主人公。

 

桃太郎や金太郎、浦島太郎やかぐや姫が大活躍ですが、、、^^

 

浦島太郎のお話の中で、竜宮城にいった彼は戻るときに乙姫様に玉手箱をもらいます。ただし、その玉手箱を決して開けてはいけないといわれた浦島太郎。最終的にはそれを開けてしまいおじいさんに・・・

 

また、つるの恩返しでも、自分の羽をつかって美しい織物をつくっていた鶴を、「決して見ないでください」と言われていたのに見てしまった。

 

これらは昔話でよく登場するシナリオですが、人間だれしも「開けてはいけない」とか「見てはいけない」と言われると、急に「開けたい!」「見たい!」という欲求が高まります。

 

そういう効果のことを心理学では「カリギュラ効果」と言うそうです。

 

ネットの口コミではカリギュラ効果が流行中?

その語源は1980年代にアメリカ・ボストンであまりに過激な内容なために上映禁止になった映画「カリギュラ」だそうで、一度上映禁止になったが故に、世間で話題となり、その後大勢がその映画を見ることに・・・というエピソードから名づけられたと言われています。

 

最近もネットなどのバイラルマーケティング(ネット上での口コミによる宣伝)で、「これをクリックしてはいけません!」とか「開けてはいけません!」というフレーズをSNS上で流行らせて、話題づくりをする手法が後を絶ちませんが、これも一種のカリギュラ効果。

 

冷静に考えると、決して見てはいけない!なんてつぶやくなら、公開したりSNSに書き込まなければいいわけで、見て欲しいというのがそういうつぶやきの本音です。

 

そう考えると、「これをクリックするな!」とか「見ないで!」なんていう情報が流れてきたら、「これは宣伝だな・・・」ということになりそうです。

 

友人に「ねぇ、知ってる?」なんて聞かれたら、

 

「あ、それカリギュラ効果を狙った新手の広告でしょ?」

 

なんて冷静に返せると、かっこいいかもしれないですね。

 

まぁ、学生に「勉強してはいけません!」なんていうと、本当に勉強しなくなるので、このカリギュラ効果はどんなときにも効果があるわけではなさそうですが^^;

 

関連するおすすめ記事 - Related Posts

  • 組織をダメにする一番簡単な方法2016年1月20日 組織をダメにする一番簡単な方法   いい組織をどうやって作るのか? これは経営やマネジメントをされている方々の永遠の課題ですが、これが一朝一夕でできないことは明らかです。人の成長と同じように、 […]
  • 公私混同のすすめ? – 脱お役所仕事(1)2013年3月4日 公私混同のすすめ? – 脱お役所仕事(1) 先月、池田町にある「こってコテいけだ」という町の観光&物産施設からUstreamの中継をしてみました。(先週末も「いけだ展」から生中継してますが、、、)   […]
  • 働き方改革物語02 – グループウェアで社内情報共有!2019年4月15日 働き方改革物語02 – グループウェアで社内情報共有! ※この物語はフィクションです。   前回、裁量労働制を取り入れたウマシカ商事ですが、次なる改革は社内情報共有と、ムダの徹底排除ということで、早速、グループウ […]
  • 二人の若いスタッフ。どちらを採用したいですか?2016年1月4日 二人の若いスタッフ。どちらを採用したいですか? あるところに2人の新人サラリーマンがいました。   仮に、鈴木さんと佐藤さんとしましょう。 (日本で最もメジャーな2つの苗字に登場してもらいました。) […]
  • 学習の成果を見えるようにするのは難しい2015年9月9日 学習の成果を見えるようにするのは難しい 9月9日、10日はFレックス(福井の大学連携)のFD合宿研修会。   合宿といっても会場は私のいる仁愛女子短期大学なのですが、、、   […]
  • 先入観が生み出す大失敗?2012年11月8日 先入観が生み出す大失敗? 昨日外で打ち合わせをしているときにうちの会社から電話が。   私の相棒からだったのですが、プロジェクターがうまく映らないとう連絡でした。電話でこうい […]
  • 金の流出と国力低下の関係?2012年12月17日 金の流出と国力低下の関係? 昨日の選挙から一夜が明けて、政権が大きく変わりましたが、みなさんいかがお過ごしでしょうか? 正直、政権が変わったからといって我々の日常生活にダイナミックな変化があるかという […]
  • 柿の種は、縦がいいのか、横がいいのか?2015年6月26日 柿の種は、縦がいいのか、横がいいのか? 様々な商品パッケージを見るのは楽しいです。企業の商品に込めた思い、どういうことを消費者である我々に伝えたいか(または、伝わっていないか)がよくわかります。   […]

  •   
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

コメントは受け付けていません。