Webカメラがどこにも売っていない!場合の代替方法

  •   

新型コロナウイルスの影響で大学の授業開始がずれ込む中、ようやく私の所属する大学でも全学的にオンライン授業にしないといけないという雰囲気になってきましたが、オンラインでリアルタイムにビデオ授業(ZoomやSkypeなど)をしようと思うと必須になるのが「カメラ」と「マイク」。

 

ノートPC上部のカメラ等

ここ5年くらいのノートパソコンにはウェブカメラとマイクが標準でついているものがほとんどという状況なので、カメラで困った・・・というパターンは少なそうですが、デスクトップPCとなると話は別です。

 

私も、一番スペックの高いデスクトップPCで授業をしたいと思い(授業をする側としては、いろいろと必要な操作が多いので)、楽天やアマゾンを見てみるとビックリ!売り切れ続出で、入荷待ち状態のショップの多いこと!!

 

楽天はまだ良心的なお店が多いですが、アマゾンに至っては、普段数千円だろ、、、というWebカメラが10倍以上の価格で売られていたりする状況。近くのPCパーツショップにも行ってみましたが、状況は同じ。全て売り切れて入荷待ち状態でした。

 

そこで、小型のアクションカメラをWebカメラの代わりに使ってみることにしました。

 

小型アクションカメラがWebカメラ代わりになる!

アクションカメラとマイク、百均の三脚

アクションカムだと有名どころはGoProとかSonyのRX0ですが、これらは数万円!私の持っているのはアクセサリー&バッグ込で8,000円で買った類似品(笑)。本体は実質4,000円程度でしょうか?

 

これをUSBケーブルでパソコンに接続!

 

すると、アクションカメラのディスプレイに「PCカメラ」の選択が出ます。これを選ぶだけ。あっという間にWebカメラの出来上がりでした。簡単!

 

写真で見える白いスタンドはダイソーとかセリアで売っている百均の三脚。高さ調整はできませんが、手軽に向きを変えることができるので便利です。こういうのはノートPCの内臓カメラでは無理ですよね。

 

PCカメラを選択するとWebカメラに

ただし、注意が必要なのは、このような安いカメラでも標準画質が4KとかフルHDとかになっているので、環境によっては映像送信に遅延が起きます(カメラからパソコンへの状態で遅延になります、おそらく)。

 

私も初めてこのカメラでZoomやSkypeをやった時には、画像はきれいだけどカクカク動いて「あれ?」となりました。

 

なので、設定を一番解像度が低い720pに設定することで、普通に使うことができました。このカメラ、マイクも内蔵しているので、音もしっかりと拾ってくれますが、10年ほど前に買ったUSBマイク(卓上用)が家にあることを思い出し、それを繋いでオンライン授業の実験。

 

音声、映像ともに無事にデスクトップから利用可能となりました。めでたしめでたし!(追記:アクションカムの機種によっては、PCカメラに対応していないものがあります。PCカメラ目的でこれから購入の場合には確認して購入してください!)

 

ちなみに、Webカメラとして使う場合には、バッテリーは外しておいた方がいいと思います。機種にもよりますが、安いカメラだと、ずっと充電状態になったりしてバッテリーが膨らむと、それはそれで危険です。

 

スマホをWebカメラにする方法もある!

こんなことをツイッターでつぶやいていたら、知り合いから「スマホもWebカメラになりますよ」という情報をいただいたので、ご紹介。

 

このインプレス「PC Watch」の記事がわかりやすくていいと思いますが、「iVCam」というアプリがそれです。

 

授業されない方だと、スマホ繋ぐんじゃなくて、スマホでオンライン授業すればいいじゃん!ってなりそうですが、先ほどもちょっと書きましたが、授業提供側としては、パワポ見せたり、ワード・エクセルみせたり、資料みせたり、LMS(学習管理システム)見せたりと、やることいっぱいで、やっぱりパソコンからつなぐのがベストなのです。

 

ということで、Webカメラが売り切れてない!という当面の代替手段としてはいいのかと思いました。

関連するおすすめ記事 - Related Posts


  •   

コメントは受け付けていません。