キーワードは「一緒に働きたいかどうか」

ラウンドテーブル01は熱い議論

roundtable01

2010年7月9日、福井県立大学でラウンドテーブルというイベントを開催しました。 シナリオのないオープンディスカッションで、どうなるかと不安と期待でスタートでしたが、NTT西日本の北田さん、JA花咲ふくいの武田さん、お二人の素晴らしいナビゲーションにより、大変いい会となりました。

Fレックス:round table01

学生のみなさん、やはりちょっと緊張気味でしたが、ある意味、いい緊張だったと思います。

就職活動でいろいろな会社の人の話を聞いたり、書籍等で情報を得たりすることはできますが、このように、企業の第一線で活躍されている社員の方に来ていただき、仕事の実際をリアルに本音で語っていただけるというのは、本当に貴重な機会であり、お二人には本当にお礼が言い尽くせない気持ちです!

また、オブザーバーとしてご参加いただいた、ふくいジョブカフェの出蔵センター長、屋敷さんも、お忙しい中来ていただき、コメントもいただけ、本当にありがとうございました。

Fレックス:round table01

私の不慣れな進行で、本当はこうすべきだった・・・ああすべきだった・・と反省もたくさんありますが、非常に充実した時間を過ごすことができ、また、私も数多くのものを学ばせて頂きました。 会は8時過ぎに終了しましたが、終了後も、北田さん、武田さんとの話は尽きず・・・学生さんたちも熱心に話を聞いていました。

一緒に働きたいかどうか

ラウンドテーブル01で、ジョブナビゲーターのお二人が最初に語ってくれた言葉で印象的だったのは、、、

一緒に働きたいかどうか

これは、就職での採用のキーワードとしては非常にあいまいで主観的にも聞こえますが、もっとも的確な基準の一つかもしれないと思いました。

Fレックス:round table01

採用に限らず、仕事を進めていく上でのプロジェクトでも同じです。この人たちとならきっとうまくいく!と思えると、そのプロジェクトはどんどんといい方向性をもって進んでいきます。 ということは、その逆もありえるということですよね。

就職活動というと、ついつい目先の部分ばかりに注意が行きがち。たとえば、服装やマナー、履歴書やエントリーシートの書き方など、、、。これらは非常に重要ですが、それは、皆ができていて当たり前の前提条件のようなもの。それができていて、次のステージに進んでいくようなものですよね。

一緒に働きたいかどうか、というのは、ある意味、その人の総合力を問われているわけで、そういうことって、普段の生活、例えば、学生さんなら授業への取り組みだったり、教員との関係、クラブ活動への取り組みなど。そういうまさに普段の行動が積み重なってのものなので、就職セミナーを受けたからすぐに変わっていくようなものではないような気がしています。

学生さんたちにはどれくらい刺激となって伝わっていたか、企画者としては気になるところです。

関連するリンク

トップに戻る > Fレックス・大学連携 > キーワードは「一緒に働きたいかどうか」

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

トラックバック(2)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: キーワードは「一緒に働きたいかどうか」

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.sawacom.net/cg/mt-tb.cgi/147

仕事とライフスタイルを考えるオープンディスカッション 前回、7月9日に福井県立大... 続きを読む

ジョブナビ・ラウンドテーブル02 in 仁愛大学 8月11日午前10時から、ラウ... 続きを読む

ラトガース大学でのMBA留学時代の日記を公開中
Fレックス - 福井県大学連携プロジェクト
ジャコランタンのつくり方
国際有機農業映画祭、応援してます!
 

2012年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ウェブページ

Powered by Movable Type Open Source4.1
ブログランキング・にほんブログ村へ

アイテム

  • mof03.jpg
  • dc01.jpg
  • FM福井に出演
  • CIMG5182.JPG
  • CIMG5218.JPG
  • CIMG5158.JPG
  • CIMG5114.JPG
  • CIMG5003.JPG
  • fleccs20091212_07.jpg
  • 091030_02.jpg
  • 09100101.jpg
  • 090812sns02.jpg
  • s_CIMG2607.JPG
  • 09053116.jpg
  • fm090519.jpg
  • bbq0905063.jpg
  • fleccs09042.jpg
  • 20090410sakura03.jpg
  • fleccs_students.jpg
  • kobo20090309.jpg

このブログ記事について

このページは、sawazakiが2010年7月10日 13:24に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Fレックスで大学の公開授業:最高のFD活動に」です。

次のブログ記事は「Fレックス・ラウンドテーブル02を開催」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Techonrati

Technorati search

» リンクしているブログ