質問の仕方でわかる「起業」の本気度

 

ここ最近、

起業の仕方を教えてください。

と聞かれることが何度かありました。

 

これは返事に困る質問です。

 

なぜなら、何をもって「起業」というのか、人によって様々。最近、起業ブームなのか、あちこちで起業セミナーが開催され、ネットにも情報はあふれています。

 

また、行政や商工会議所など公的機関からの支援も一昔前と比較すれば驚くほど充実したものになっています。

 

それらを踏まえた上で、この質問。
20160106

本気で起業したい人は「起業の仕方を教えて?」とは聞かない

そもそも本気で「起業したい」と思うなら、既にどんなビジネスで会社を起こしたいのかがほぼ決まっているはず。

 

例えば、小売りをしたいのか、レストランをしたいのか、具体的に決まっていれば、その時の質問は、「起業の仕方を教えてください」ではなく、「こんなものを販売するショップを考えていますが、その時に気を付けるべきものは?」とか「集客や宣伝の方法を知りたい」ということになりそうです。

 

「起業したい・・・」と漠然と思っているだけ、または、「起業の仕方を知りたい」と思っているうちは、本気で起業しようと思っていない、、、

 

そういうことなのだと思います。

 

 

関連するおすすめ記事 - Related Posts

コメントは受け付けていません。