モバイル版パワーポイントでも出来る顔出し授業動画

  •   

これまでパソコン版のパワーポイントを活用したオンライン授業(オンデマンド型)用動画を作成する方法をご紹介してきました。

なぜパワーポイントか?ということに関しては、

  1. これまで作成してきたパワーポイント等の資源を有効活用できること
  2. 作成したスライドをリアルの授業でも相互活用できること
  3. 動画編集の知識がなくても手間なくスピーディーに動画作成できること

などの理由をあげることができます。

特に3つ目の理由は継続的に教員が授業準備をおこなうという意味でも大切です。一回ぽっきりの講演会や特別授業とは違います。毎日の授業準備の一環が動画作成になるということ。動画作成に凝りすぎて時間がかかるのでは、それだけで負担になります(これは、以前のWindows版パワーポイント(365版)でも説明しました)。

 

Android版のPowerPointでワイプの授業動画を作る方法

モバイル版パワーポイントでも出来る顔出し授業動画(YouTubeへのリンク

 

上記の動画は、基本的にアンドロイド版(モバイル版)のパワーポイントで作成したスライドを、タブレット内でスライドショーを再生し、それをワイプを入れて記録したものです(2種類の方法を紹介しているので、その2本の動画を後から編集アプリでつないでます。BGMも編集アプリで後付けしました。授業ではBGMは普通はいれないですね)。

 

そこで、Windows版だけでなく、アンドロイドタブレットでも同じようなことができないかと考えてみました。撮影した内容を動画編集アプリを使うのであれば、どうにでもなると思いますが、編集アプリを使わず、できるだけパワーポイントのみで完結できるように考えたのが次の方法です。

 

残念ながら、パワポだけで完結はできないので、2種類の記録のための補助アプリをご紹介しています。勘のいい方はおわかりかもしれませんが、ゲーム実況するためのアプリを活用しています。使ったアプリは2種類。

  1. AZスクリーンレコーダー
  2. Google  Playゲーム

どちらもスマホ等のAndroid画面をキャプチャするソフトで、マイクから実況しながらワイプ動画を入れて画面録画をすることが可能です。

このアプリを使って、パワーポイントのスライドショーをワイプ付きで録画するという方法で作成してみました。

パソコン版のように、スライドごとに撮り直しということができないので、どちらの方法も一発撮りになってしまいますが、完璧を目指さず、普段の授業らしい語りで動画作成できればと思いました。

2万円代のタブレットで作成

本当は、それぞれのスライドに、動画挿入という機能で、話している動画をワイプのように挿入して、それをスライドショー再生すれば、一発撮りのような感じにはならないと思っていたのですが、なんと、アンドロイドは内部音声の録音がOSの制限で不可能(面倒なことをすれば可能ですが、面倒なことをしない!という主旨に反してしまうのでしません)ということで、一発撮りの方法だけをご紹介。

 

動画は写真にある2万円代の格安アンドロイドタブレットとアプリ版のパワーポイントで作成しています。

パワーポイントだけでなく、様々なアプリでワイプ動画を撮れるので、実況中継アプリを使えば何でもありだな、、、と思いました。

 

もし皆さんの何らかの参考になればうれしいです。

 

参考:Windows版パワーポイント(365)でのワイプ授業動画の作成方法

関連するおすすめ記事 - Related Posts


  •   

コメントは受け付けていません。