妄想中:ここに電車の路線があったら街は変わる?

先週のブログで「ここに新駅があったら街はどう変わる?」という記事を書きました。あれはかなり現実的に実現可能、かつ、実現されると人の流れも変わるのではないかという期待も込めて書いています。

 

そして今日のはかなり妄想。

 

えちぜん鉄道が「福井口駅」から新幹線と同じルートで大和田方面まで伸びて、大和田線なんていうのができると人の流れや鉄道と絡んだ街づくりができるのではないかと思った次第。具体的には下の地図のように新幹線の予定地に同じように私鉄の線路が伸びて、4つの駅(フレンドマート付近、国道との交差付近、市場付近、エルパ付近)ができると沿線上に開発された街がリンクして新たな都市空間が出来上がります。
fukui_area
前回の駅同様に、これも個人的にあったらいいな、、、という妄想を書いているわけですが、まったくゼロからの発想ではなく、ちょっとしたベースがあります。今の新幹線の福井駅からの計画は北陸本線、新幹線、えちぜん鉄道と3つの路線が平行して走るように建設が進んでいますが、実は、当初の計画では、北陸線、えちぜん鉄道が平行して高架で走り、えちぜん鉄道の上(つまり3階部分)に新幹線が走るという計画だったのです。(いろんな政治的駆け引きで今の案に落ち着いたようですが・・・

 

であれば、現在のえちぜん鉄道福井口駅まで3階建てで走る新幹線とえちぜん鉄道を、そのまま開発・大和田方面まで伸ばして、3階建ての状態で新幹線の下にえちぜん鉄道を走らせてしまうと面白いと思いました。地方都市で、全くなにもない状態から都心部に私鉄が新路線をひくというのはありえないこと。ですが、新幹線の延伸で用地問題が解決しているのであれば、建設上の問題だけで新路線ができてしまいます。それも、かなり利用の見込める場所に。

 

福井は車社会ですが、車でも便利だけど電車でも便利な街の出来上がり。

 

正直、福井の街は鉄道沿線の都市開発がうまくいっているとは思えません。これは行政の都市計画にも課題があるのではないかと推測しますが、これから高齢化が進み、車だけには頼れない世代が増えてくることを考えると、全く見当はずれの妄想でもないかと思ってます。

 

もう基本設計などができてしまっていると思うので今からこれを実現可能かといわれると難しいとは思いますが、こんな路線があったらな、、、という妄想で書いてみました。ちなみに、私は鉄道マニアではないので^^;

関連するおすすめ記事 - Related Posts

コメントは受け付けていません。