会場を盛り上げるシンプルなテクニック!

土曜日に高校の同窓会に行ってきました。

同窓会といっても全卒業生があつまる公式なお堅い会の方です。昨年はじめて参加してみたのですが、この歳になるとこういう集まりに年に1回だけ顔をだすのも悪くないな、、と。

 

で、今年の目玉は

「タケカワユキヒデ&中村あゆみ」ライブ!

 

進学校のお堅い公式な同窓会にミュージシャンをよんでライブをやってしまうところが自由な校風のわが母校・・・実行委員の方々はギャラの件とか大変だったろうな、、と思いながら楽しんで参加しましたが、ライブは最高に楽しく、かつ、得るものが多かったです。

 

年代的にタケカワユキヒデはちょっと上ですが、西遊記のテーマにもなっていた「ガンダーラ」「モンキーマジック」やユニセフの曲としても知られる「ビューティフルデイ」、そして極め付けは「銀河鉄道999」など、ちょっと涙が出てくるような懐かしい思い出の曲の数々を披露してくれました。

 

中村あゆみも「翼の折れたエンジェル」、これが生で聴けただけでも昔を思い出して熱い思いになりました。
koshi_ayumi_nagamura2015
コンサートの最後に、会場の同窓生一同でビューティフルデイの大合唱を、という提案。最初はみんな恥ずかしそうに小さな声で歌っていたのですが、タケカワ氏の秘策により最後は会場いっぱいの大合唱に。その秘策とは、、、

 

競争原理はやっぱり強い

会場を向かって右側のクマさんチームと、左側のうさぎさんチームに分けて、どちらが大きな声で歌えるか競争して勝ち負けを決めましょう!というシンプルなもの。そして、彼曰く、通常こういう場合はどちらも大声でよかったね、、、と勝ち負けを決めないパターンなので、会場もそれを予想して大声にならないようですが、「絶対に勝ち負けを決める!」と宣言。

 

不思議ですよね。人間やっぱり勝負となると真剣になります。

シンプルなんですが、相手がいるというのは競争心を駆り立てられます。おかげで会場は割れんばかりの大合唱!

 

最近はゆとり教育の影響もあってか、競争というとタブーのようになってしまった感のある教育現場ですが、ある程度の競争も必要なのだとこういうところからも学びました。

 

 

関連するおすすめ記事 - Related Posts

  • 3人寄れば文殊の知恵、そして広がりへ 2012年12月10日 3人寄れば文殊の知恵、そして広がりへ 「まなびの種」という勉強会をはじめてもう2年目となります。 今年に入ってから、イベントとしてしっかりと広報をし(といってもFacebook上でだけですが)、声掛けをするよう […]
  • まな種やります:Ideas Worth Sharing!2012年11月24日 まな種やります:Ideas Worth Sharing! 来る12月8日、まなびの種プロジェクト09、通称「まな種」を開催します! 最近、NHKの番組でスーパープレゼンテーションが注目を集めていますが、このもとになっているのがTE […]
  • 5分でまなびをシェアできる「まな種」継続中2014年9月30日 5分でまなびをシェアできる「まな種」継続中   先月8月30日(土)に、越前市のJR武生駅前にある仁愛大学サテライトにて、第16回目となる「まなびの種」を開催しました。 今回は当日の様子を動画にまとめ […]
  • まなびの種が広がっていく2012年10月18日 まなびの種が広がっていく TEDのライバルになれるか?^^ 2011年の6月末から「まなびの種プロジェクト」というイベントを実施しています。 […]
  • 学祭から学ぶ – 行列ができる焼き鳥屋のマーケティング(その2)2015年10月30日 学祭から学ぶ – 行列ができる焼き鳥屋のマーケティング(その2) 前回の記事で、儲かる焼き鳥屋のアドバイスの経緯を書きましたが、学生は当初どう考えていて、実際にどんなアドバイスをしたのかを説明したいと思います(前回の記事から読まれる方はこちらか […]
  • 自発的に動き出すためのメカニズムは?2015年11月13日 自発的に動き出すためのメカニズムは? 後期に入って、今年も福井大学大学院で実施しているMOT(Management of […]
  • 自分の足跡を残すことの大切さ2016年3月3日 自分の足跡を残すことの大切さ 久しぶりのブログの更新となりました。   2月は全く記事を書いてこなかったので、すっぽりと抜けてしまった感じです。   しかし、だから […]
  • 学歴社会なら就活には大学の成績をもっと活用すべき2015年12月14日 学歴社会なら就活には大学の成績をもっと活用すべき 大学生の就職活動の時期が8月になったり6月になったりと、その時期についてはニュースになることが多い昨今。これって実は日本だけの慣行だと言われています。   […]

コメントは受け付けていません。