Facebookしてると離婚の危機?! – 正しい数字の読み方

  •   

いずれ新しいメディアに代わるといわれながらも、多くの利用者を抱えるSNSですが、Facebookをはじめ、Twitter、LINEなど多様化が進んできています。それらどのツールにも共通して言われるのは人間関係。特に、男女間のトラブルなどの話は尽きません。

 

そんな中、センセーショナルなタイトルで目に飛び込んできたのがこの記事です。

Is Social Media Killing Your Marrige? Quit Facebook, Save Your Marrige!

(SNSで結婚の危機?フェイスブックをやめて、婚姻関係を救え!)

 

Facebookユーザーの32%は離婚の危機?

海外メディアからの情報ですが、ボストン大学のある調査によると、フェイスブックのヘビーユーザーの32%が離婚を考えているとのこと。

 

Researchers found that, in general, 32 percent of heavy Facebook users consider leaving their spouse.

 

Facebook?さまざまなメディアの中で特にフェイスブックがその傾向が強いとのことで、そのように言われるのは今に始まったことではないので、なんとなく納得してしまう人も多いのではないでしょうか?例えば、Facebookの友達関係や投稿関係をひも解いていくと、誰と誰がおつきあいしてるかがわかってしまうとか、浮気中の行動がばれてしまうとか。そういう噂話もチラホラと聞きます。

 

ただし、先ほどの「32%が」という数字、気をつけなければいけないのは、これらは「相関関係」であり「因果関係」ではないということ。

 

相関関係は因果関係とは違う!

具体的に言うとFacebookをしているから、離婚を考えている人が多くなるのか、離婚を考えている人がFacebookにはまっているのか、どちらが原因で結果かというのはわからないということです。

 

実際、結婚関係で何らかの問題を抱えた人たちが、心理的な助けを求めてソーシャルメディア(フェイスブック)にはまるという関係も見て取れるわけで、どちらが原因かまではこういう統計でははっきりとしないことが多いのです。先ほども書いたように、フェイスブックのようなSNSを使って浮気をする可能性が高まることは以前から指摘されてきましたが、逆に、そういうトラブルがあるからこそフェイスブックなどのSNSに向かうということも指摘されています。

 

なので、私たちが統計を見るときには、あくまで「相関」であって「因果」ではないというところに注意する必要があります。

 

これらは統計学の中でよく論じられますが、相関関係でしかないのに因果関係(原因と結果)であるかのように広告されているコマーシャルはなくなりません。我々消費者側もそういう数字のマジックには気をつけないといけません。ということで、このブログのタイトルのようなセンセーショナルな見出しは少し疑ってかかるべき!ということになりそうです。

 

参考にした海外の記事では、

自分の相手(夫、妻、恋人)がツイッターやフェイスブック、インスタグラムなどに没頭するようになってきたら、「関係が終わったの」ってツイートされる前に、自分たちの関係を見直してみては?

と締めくくっています。
なるほどぉ~、と書けないのがつらいところ(笑)

関連するおすすめ記事 - Related Posts

  • Facebookの動画って埋め込み出来る!2015年5月2日 Facebookの動画って埋め込み出来る!   最近、世の中の変化に対してちょっとアンテナが鈍くなってきているようで、Facebookを見ていたら、アップロードした動画をここのブログのような外部ページに簡単 […]
  • イベントを主菜するって?2015年5月11日 イベントを主菜するって?   大した話ではないのですが、Facebookのイベントのところで1年ほど気になっていることがあります。   イベントは直接作成画面を開くこ […]
  • 池田町は福井県の自治体です – IKEDA, FUKUI2017年9月25日 池田町は福井県の自治体です – IKEDA, FUKUI 先日、短大のゼミの合宿で、福井県今立郡池田町のファームハウスコムニタにお邪魔しました。   合宿は和気あいあいと楽しく過ごせたのですが(詳細は、短大の公式ブ […]
  • セレンディピティ – 偶然を幸運に変える力2012年12月3日 セレンディピティ – 偶然を幸運に変える力 先日、越前市の北日野公民館にて2週にわたって「Facebookでいきいき交流ライフ - […]
  • YouTubeのお勧めに不適切なのばかり出てくるんだけど…2020年6月7日 YouTubeのお勧めに不適切なのばかり出てくるんだけど… 昨日、SNSに流れてきた記事で、こんなのがありました。 あるお年寄り「偶然に意味を感じたらそれは縁。釣り竿ほしいと思ってたら偶然広告に出てきたので買ったよ」→あのそれ… […]
  • 外でのアンケート調査がリアルタイムに集計できる時代2015年11月23日 外でのアンケート調査がリアルタイムに集計できる時代 仁愛女子短期大学の研究室で地元のショッピングモールと共同研究事業を実施しています。自分が住んでいる町にあるショッピングモールであり、相方もよく買い物に行く場所だけに、本当に地元感 […]
  • ビジネスで売り上げを上げる大前提はこれ!2015年8月10日 ビジネスで売り上げを上げる大前提はこれ!   大学やコンサル関連の仕事でマーケティングの話をさせてもらうことが多いですが、こんなにいい商品やサービスなのに売り上げが、、、という声を聞くことや相談を受けるこ […]
  • 中華パッドから見える日本のものづくりの方向性2013年1月7日 中華パッドから見える日本のものづくりの方向性 先日、東京に行った際、久しぶりに秋葉原に寄ってみました。   今はそうでもありませんが、昔は家電製品が大好きで家電量販店にいれば一日過ごせるくらいだ […]

  •   

コメントは受け付けていません。