バンクーバーに来て学んだ成功のための重要な3要素

vc201302

8月に入ってすぐカナダのバンクーバーに滞在しています。海外には仕事の関係でこうやって出てくることが最近よくあります。

 

今回の目的はいろいろあるのですが、毎日、息子のサイエンスキャンプ(日本でいう科学館主催の科学教室)への送り迎えや自分の仕事をこなして、週末は息子と二人でちょっとだけ観光という毎日を送っています。

 

いまさら書くのもおかしいですが、インターネットが普及したおかげで世界中どことでも仕事のやり取りができてしまうのは、いい点と悪い点がそれぞれあります。ですが、ネットがなかったらこんなに長期で海外に滞在できなかったことを考えると、メリットの方が大きいのかもしれません。

 

実はこちらに来てから、飛び込みで4日間、毎日2時間ほど現地にある語学学校に通ってみることにしました。アメリカの大学院を出ていて語学学校はないだろう!という突っ込みもあるかもしれませんが^^
最後の授業の課題としていくつかのトピックから指定されたものを選んでプレゼンをするというものがありました。

 

成功のために必要な3つの要素とは?

私が選んだのは

It is possible to change career after over age 40.
(40歳過ぎてキャリアチェンジすることは可能かどうか。)

そこでプレゼンした内容の要旨は以下のとおり。

 

自分の経験でもあるが、自分は35歳でサラリーマンをやめて独立した。
いろんな苦難はあるけれど、いろんな努力や幸運のおかげで今があるということ。
そして、そこには3つの重要な要素があるので、それをみんなで共有したい。

 

Passion

何事も楽をしてことが成せる、なんてことはあり得ない。もしそうなったとしても、それは長く続かないかもしれない。自分がやりたいこと、自分が目指していることに対して情熱をもって突き進めば、年齢などは関係なく、いつか道は開ける。

 

Motivation

年齢を重ねて一番感じるのがこのやる気の低下。記憶力の低下やできないことを年齢のせいにしがちだが、年齢が原因で仕事の能率が下がったり、記憶力が低下したりするのではなく、モチベーションが下がってしまうためだろう。自分のモチベーション(動機・やる気)を高めて、目標に向かう思いがあれば、成功につながっていくと信じている。

 

Communication & Networking

人が一人で達成できることには限界がある。他とコミュニケーションをしっかりと取り、助け助けられしながら前進することで、道は開ける。地域や言葉、人種や信条、宗教にかかわらず、いろんな人と仲良くなって、十分なコミュニケーションができれば、こんなに素晴らしいことはない。

自分がこの年齢でこのクラスに飛び込みで入ったこともチャレンジだが、自分の経験も踏まえて、こういうことの大事さをみんなで共有したかった。

とのことで、拍手喝采をいただきました。(自画自賛ですみません。)

 

またこの語学学校の先生がいい感じでした。

 

Silver tongue

なんていう言葉もいただき、たった4日間(合計8時間)の語学学校生活を卒業したのですが、最高のサマーバケーションとなりました。

 

経験がなにより優先する

プレゼンの内容はさておき、この経験から学んだこと

vc201303普段、大学でも教え、講演・セミナーなどもさせていただいていると、どうしても伝える側の目線でばかり物事を考えがちに。学習者の視点というのは実際に学習者になってそれを体験してみたいとわからないということを改めて実感しました。シミュレーションやロールプレイという試みもなされていますが、リアルな体験なしには現実は伝わってこない。

 

最近ではFD活動(大学の授業改善)も盛んで、授業見学なども始まっていますが、教えている側という立場を明示した上での授業見学や体験は仮想的で、現実とは違ったものになりがち。多少なりとも「まなび」を実践し、研究していこうと考えているなら、自らも「まなび」の実体験をしないと、それらが入ってこないことを体感しました。

 

いずれにせよ、若い語学学習者たちに混ざって、楽しい4日間でした。
先生には「プレゼン上手だね~」を連発されてましたが、最後まで、私も日本でプレゼン教えていますとは言えず^^;そこが申し訳なかったです。。。

 

最後に、上記のプレゼンをしたことで自分の年齢を明かしたのですが、みんなびっくり!

日本人は若く見られますからね^^
(海外ではあまり年齢を聞きあうことをしません。)

 

最近どうしても、仕事のことなどで自信がなかったり、迷いがあったりすることが多かったですが、こちらでの経験は得ること多きものとなりました。
こういう環境に巡り合えたことにも感謝ですね。

vc201301

みんなで記念撮影。ひと夏の思い出になりました!

関連するおすすめ記事 - Related Posts

コメントは受け付けていません。