引き継ぎから見える組織の力

4月はいろんなことが新しくなる時期です。

 

学校も卒業して出ていく学生がいれば、入学してくる新しい学生もいます。

 

仕事でも、会社では人事異動が行われることも多いはずで、「担当者が変わりました・・・」というケースをよく耳にする時期。

 

お役所などでよく言われるのは、担当者が変わったら、言うことが全然違う、、、なんてこともありますが、個人的には、お役所の引き継ぎってよくできていると思うのです。実際、自分が働いていた時も、詳細な引き継ぎ書を作成し、新しい部署と古い部署を何度も行き来して事業の継続性を高めようとしていました。

image1007

 

組織を出て、自分で会社をするようになり、いろんな会社と仕事をするようになって感じるのは、いわゆる民間企業の方が「引き継ぎ」というのがうまくいっていないケースが多いということ。属人的になってしまっていた仕事の担当者が退職して、新しい担当者に変わった途端にその仕事がストップしたりするケースが出てきます。

 

特に、いまだに社内のIT関連業務(ネットワークのメンテナンスやホームページ・ブログの更新など)の業務は担当者が変わればストップ・・・ということが少なくないようです。インフラ化してあたりまえになってしまった仕事であるほど、そうなる率が高そうです。

 

こういうところからも、その会社のマネジメントが見えてきたりします。

 

人が増えれば、マネジメントしなければいけないチャンネルも増えます。

気を付けていきたいですね。

関連するおすすめ記事 - Related Posts

  • 働き方改革物語01 – 伸びた労働時間と低下した士気2019年4月12日 働き方改革物語01 – 伸びた労働時間と低下した士気 ※この物語はフィクションです。   最近、「働き方改革」というキーワードが旬です。   ウマシカ商事もこの流れに乗り、社員にのびのびと […]
  • 二兎追う者は一兎をも得ず2016年3月10日 二兎追う者は一兎をも得ず 普段、経営やマーケティングに関することをいろいろと仕事にしていると、ターゲットを絞り込んで、そのターゲットに合わせた商品やサービスを提供する・・・なんてことを話すことも。 […]
  • 自発的に動き出すためのメカニズムは?2015年11月13日 自発的に動き出すためのメカニズムは? 後期に入って、今年も福井大学大学院で実施しているMOT(Management of […]
  • 組織をダメにする一番簡単な方法2016年1月20日 組織をダメにする一番簡単な方法   いい組織をどうやって作るのか? これは経営やマネジメントをされている方々の永遠の課題ですが、これが一朝一夕でできないことは明らかです。人の成長と同じように、 […]
  • 外でのアンケート調査がリアルタイムに集計できる時代2015年11月23日 外でのアンケート調査がリアルタイムに集計できる時代 仁愛女子短期大学の研究室で地元のショッピングモールと共同研究事業を実施しています。自分が住んでいる町にあるショッピングモールであり、相方もよく買い物に行く場所だけに、本当に地元感 […]
  • 非営利活動と営利活動との共通点2016年8月26日 非営利活動と営利活動との共通点 大学の教員になってから、いわゆるボランティア活動や市民団体といったところでお話をさせていただく機会が増えました。   普段はビジネス系のことをやっているので […]
  • 部下の失敗は上司の責任、監督者もまた然り2015年11月30日 部下の失敗は上司の責任、監督者もまた然り 部下の手柄を自分のものにしてしまう上司や、自分の失敗を部下に押し付ける上司がよくドラマや小説に登場しますが、現実はどうなのでしょうか?   組織で仕事をして […]
  • 継続することの大切さを教えてくれる手紙2015年11月9日 継続することの大切さを教えてくれる手紙   週末にこんな素敵な葉書を頂きました。   福井の方々の間ではかなり有名な益茂証券の益永会長からのお手紙です!   […]

コメントは受け付けていません。